忍者ブログ
東京都墨田区の歴史
[48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 墨田区向島・台東区

  隅田公園
 隅田川の両岸、墨田区と台東区にまたがる臨水公園で、都内有数の桜の名所。

The Sumida City side of this riverside park,shich spans the Sumida-gawa River so that it is located in both Sumida City and Taitou City,is one of Tokyo's best-known locations for cherry blossom viewing.



  艇庫とレガッタ レガッタによる隅田川の賑わい
 レガッタは明治、大正時代の学生達の間で最も盛んに行われたスポーツで、日本における発祥の地は隅田川です。 
 1883年(明治16年)日本初のレガッタが向島で開催された後は、学校や企業間を問わず盛んに行われ、隅田川はレガッタのメッカとなりました。現在の首都高速6号向島線向島ランプ及び屋内のプール体育館の辺りには「艇庫村」と称されるほど艇庫が立ち並び、レガッタの際には川岸を大勢の観衆が埋め尽くしました。しかし水質の悪化等の理由で、1967年(昭和42年)の一橋大学艇庫の移転を最後に隅田川から艇庫の姿が消えました。
 近年では水質浄化により隅田川でのレガッタが復活し、往時の活気を取り戻しつつあります。

  Regatta was the most popular sport among students in Meiji era and Taisyo era.The birthplace in Japan is Sumida River.
 After the first regatta race in Japan took place in Mukojima in 1883 (Meiji 16),it began to be played frequently among schools and companies.And Sumida River became the center of regatta race.Since a number River boathouses were built along the river,people called the place "Village of boathouse".(Many of those boathouses located between present Metropolitan Expressway route 6 Mukojima-on-ramp and Indoor Swimming Pool.) Once regatta race took place,a crowd of people gathered and filled the riverside.However,the last voathouse (Hitotsubashi-University's boathouse)  has moved out in 1967 (Showa 42) because of water pollution,boathouses no longer exist along the river since then.
 In recent years,regatta race in Sumida River revives as water is purified.Regatta is going to regain  the former life.



 隅田公園内には『野口雨情文学碑』、『墨堤植桜の碑』、『藤田東湖「天地正大気」の漢詩碑』、『「明治天皇海軍漕艇天覧玉座阯」の碑』、『隅田公園少年野球場』、『富田木歩終焉の地』、『竹屋の渡し跡』、『花の碑』、『明治天皇御製碑』、『秋桜子句碑』、『山の宿の渡し跡』があります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性