忍者ブログ
東京都墨田区の歴史
[201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 墨田区東駒形1-18

 将棋名人 木村義雄誕生の地
 将棋の十四世名人木村義雄は、明治38年(1905)に本所区表町39番地に生まれ、明徳尋常小学校(現本所中学校)を卒業しました。
 子どもの頃から将棋や囲碁が強く、大正5年(1916)に十三世名人関根金次郎の下に入門し、頭角を現わしました。昭和13年(1938)に第一期実力制名人となり、その後4期連続で名人位を防衛しました。昭和22年(1947)に塚田八段に敗れたものの、昭和24年(1949)には再び名人位に就き、通算8期10年の間、その地位を守りました。昭和27年(1952)に大山八段に敗れて以後、公式戦休場を表明し、十四世永世名人を襲位しました。
 また、昭和22年(1947)には日本将棋連盟の初代会長に就任するなど、将棋界の近代化を勧めました。多筆家としても知られ、『将棋大観』など多くの著作を残しています。その功績が認められて、昭和53年(1978)には勲三等旭日中綬章を授与されました。以後も執筆活動などを行っていましたが、昭和61年(1986)11月17日に81歳で亡くなりました。
 墨田区は将棋とのゆかりが深く、東駒形では十一世名人伊藤宗印の弟子で『本所小僧』と呼ばれた相川治三吉が生まれたほか、両国4丁目には師の宗印も屋敷を構えていました。本法寺(横川1丁目)には駒の形をした宗印の墓があります。また、木村義雄の実弟の文俊は駒師として有名で、押上(現在の文花1丁目)などに店を構えました。
 平成21年(2009)3月 墨田区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性