忍者ブログ
東京都墨田区の歴史
[220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 墨田区両国4-29-5 (本所警察署)

 本所原庭警察署殉職警察官碑
 この碑は大正12年(1923)の関東大震災の業火の中で積極果敢多くの人々の救出誘導にあたり遂に尊い殉職をされた当時の本所原庭警察署和多警部補以下15名の勲功をたたえ翌年同署員によって現在の墨田区東駒形2丁目1番に所在した同署庁舎前に建立され以来制度改正により厩橋警察署となりさらに四署統合により本所警察署となった今日に至るまで連綿として警察精神の在るべき姿を教え諭してきた。
 このたび旧庁舎が取り壊しの運びとなったことからこの碑をこの地に移しあわせて明治13年(1880)凶悪犯人逮捕にあたって殉職された当時の第六方面第三分署永山巡査をはじめ昭和20年(1945)3月の東京大空襲の際の殉職者など29柱の御霊を合祀しその遺勲を後世に伝えようとの気運が盛りあがり管内有志の方々および署員の浄財によってここに本所原庭警察署殉職警察官碑を移設しその由来碑を建立したものです。
  殉職者使命
永山三月 水谷正助 楢崎善三郎 塗茂宗正 丸子善四郎 福澤一恵
須川榮次郎 小野寺清志 岩元榮 溝永徳雄 山浦功 吉並雄太郎
武次権太夫 小林庀伝治 刑部安治 川原一男 小野里幸三郎 白峯武雄
榊原義夫 武井輝夫 佐原健次 高島四六 田中靖 花上市太郎
寺島久俊 吉田良平 野澤昭三郎 石井孝治 小山寅之助
 昭和59年(1984)11月20日
 警視庁本所警察署 有志一同
 警視庁本所警察署管内 有志一同



 本所原庭警察署殉職警察官碑横には『大震火災相生警察署員殉職の碑』があります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性