忍者ブログ
東京都墨田区の歴史
[19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 墨田区横網2-3-25 (横網町公園)

丸善ビルの鉄柱溶塊
大正12年(1923)9月1日の関東大震災の時に猛火と熱風にて溶解した

印刷機
当時、神田区(現在の千代田区)美土代町にあった三秀社印刷工場内で、火災により焼損した印刷機である。

花崗岩
日本銀行の建築材として使用されていた花崗岩の残がい。震災の猛威は頑強な建築物をも破壊してしまったのである。

魚形水雷
東京高等商船学校(現東京商船大学)内で焼損した魚形水雷(魚雷)の残がいである。

自動車の焼骸
自動車のボディが焼失し、シャシーだけが残ったもの。この自動車は、車両番号第一号という古い歴史を持ち、銀座の明治屋商店で震災直前まで使用されていたという。

大鉄管


鳥居の柱


釘の溶塊
大日本麦酒株式会社吾妻橋工場内で、樽に入った釘が震災の猛火による高熱のため、大熔塊となったものである。

鉄筋コンクリート柱


鉄柱の溶塊
大日本麦酒株式会社吾妻橋工場内の鉄柱が、猛火により溶解し、かたまりとなってしまったものである。

天水桶


百馬力電動機
大日本麦酒株式会社吾妻橋工場内で焼損した、100馬力の電動機。

洋釘の焼塊
深川区清澄町倉庫に貯蔵してあった樽入りの釘が、火災による高熱のため溶解し、ひとつのかたまりとなったものである。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性