忍者ブログ
東京都墨田区の歴史
[23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 墨田区両国2-13

 緑雨は、慶応3年(1867)伊勢国神戸に斎藤利光、のぶの長男として生まれました。本名賢(まさる)、のち緑町に因み緑雨と号しました。
 11歳の時、両親と上京、やがて父が藤堂家の侍医となったため本所緑3丁目(現2丁目)の藤堂邸に住みました。小学校は弥勒寺(みろくじ)に近い土屋学校や江東小学校(現両国小)多数校を転々とし、最後は明治法律学校(明治大学の前身)を中退して終わっています。
 しかし、年少から才気あふれ、筆力は冴え、観察は鋭く人々を驚嘆させました。18歳の時、其角堂永機(きかくどうえいき)に俳諧を学び、その紹介で仮名書垣魯文を訪ね、彼が主筆の「今日新聞」の校正係となりました。やがて作家の途を進み、『油地獄』等の傑作や、辛辣や文壇批評で知られました。明治37年(1904)4月、奇行の多い人生をこの地に閉じました。戒名「春暁院緑雨醒客」は幸田露伴がつけました。
  墨田区教育委員会


 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性